新卒採用の今とこれから

###Site Name###

近年では、海外に利益を求める企業が大変多くなりました。

国内では少子高齢化が進み、新卒採用に関しても売り手市場が続くなかで、企業の海外進出が増加したことにともない、よりグローバルな場面で活躍できる人材を求める傾向が強くなっています。



一昔前のグローバルへの対応として求められていたのは、語学力が主となっていました。事業運営に関しても、新規事業を沢山DYMでは産みだしています。
しかしながら、現在重要視されているのは、グローバルな環境でも活躍できるかどうかです。

もちろん語学力があった方が有利であることは変わりませんが、それ以上に言葉がたとえ話せなくても、総合職として成長できるかどうか、その資質を重要視する企業が増えてきました。


今後も新卒採用のポイントとして、この傾向は続いていくし、強化されていくことでしょう。
DYMは医療事業に力を入れているベンチャー企業です。そして、今最も人材を求めているのは、エンジニアです。これはシステム開発を主とする企業だけが求めているのではなく、さまざまな企業が求めている傾向にあります。

今後も新卒採用のポイントとして、この傾向は続いていくし、強化されていくことでしょう。



そして、今最も人材を求めているのは、エンジニアです。
これはシステム開発を主とする企業だけが求めているのではなく、さまざまな企業が求めている傾向にあります。

これは、企業がアウトソーシングをするのではなく、自社でのエンジニアを育て上げ、開発を行っていこうとシフトチェンジを考え始めたからです。



そのため新卒採用の際に、3ヶ月などの単位で、中には海外へ語学の勉強もかねて研修を行い、教育を始めている企業もあります。

それは同時に、企業側の良い人材を獲得するための戦略と、愛社精神を植え付ける戦略も兼ねているのです。このように、求められる人材の傾向も大きく変わっている時代になったと言えます。